2019.01.12

エピソード紹介
第15話「その拳は流星のように」

15年前、感染者である幼いハーメリーヌは、同じ境遇の子どもたちとともにランブル・タウンに幽閉されていた。若きコンラッドは、子どもたちをかばう異端審問官准尉・オクシュマレを手にかけ、これを移民たちによる反逆だとでっち上げる。恐怖した人々は幽閉区画を島から崩落させる。これが15年前の真相だった。ただ一人事件を生き残ったハーメリーヌは復しゅうの機会を狙っていたのだ。悲劇の始まりを知ったセトは…。

NEWS / EVENT