2020.01.22

エピソード紹介
第16話「消えゆく命の灯火(ともしび)」

モルドレッドに感情はなかった。彼は来たるべき時に混乱を引き起こすために、父の指示で幼少の頃からカスラーン・マーリンに潜入していたのだった。彼の父ドゥーサン男爵は、感染者を奴隷とすることこそが目的であると明かす。地上では激情した女王ブーディカがファンタジア無効化装置を壊そうとするも、サントーリの攻撃で力尽きてしまう。オコホは捕らえられ、サグラモールは幼なじみのモルドレッドと刃を交わす。

PICK UP